リフトアップ 目元のたるみ

目元のたるみのお手入れ方法

目元のたるみは30代になってから目立ってくる人が多いです。原因は他のたるみと同じようにコラーゲン、エラスチンの減少によるものです。

 

こうなると目元のたるみだけでなく、口元のしわ、首元のたるみ、たるみ毛穴、シワなどが起きるようになります。
特に初期症状として起こるのはたるみ毛穴です。頬に涙型の毛穴を見つけたらすぐにでもたるみケアをはじめましょう。たるみは一度起こると元に戻すことはできません。
早めに予防することが大切です。

ピーリングをしよう

たるみケアとして有効なのが、ピーリングです。ピーリングは肌の表面の古い角質を酵素などで溶かしてターンオーバーを促進させ、繊維芽細胞を活性化させるというものです。

 

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりの期間のことで、年齢を重ねるごとにそのサイクルは長くなっていきます。そのため、角質も厚くなり、ハリやツヤ、透明感も低下していきます。たるみが少しでも気になったらピーリングを取り入れてみましょう。

 

乾燥が原因の場合も

若い人に見られるたるみの中には乾燥が原因のものもあります。これは保湿不足で一時的に起きているものなので、きちんと保湿ケアをして肌を潤いで満たしてあげることで弾力のある肌を取り戻せます。

目元はむくみも起きやすい

目元は皮膚が薄いため、体内の水分が溜まりやすくなっています。特に水分や塩分、アルコールを多く摂取すると毛細血管から細胞間に水分が出てきてしまい、これがむくみを引き起こします。

 

塩分や水分の取りすぎである場合はバナナなどに多く含まれるカリウムを摂取したり、お風呂の際に湯船に浸かって血行を促進することで解消されます。また、もうひとつは心臓のポンプ機能が弱まって起きているということもあります。その場合は身体の末端がむくみやすくなり運動不足による筋力低下が原因のことが多いので、適度な運動を取り入れてみましょう。