女性ホルモンと肌の関係

美肌のための女性ホルモンとの付き合い方

女性によってホルモンとは身体への影響がとても大きいものです。例えば「生理前になるとニキビができる」、「むくみができやすくなる」といった症状に悩まされている人も少なくありません。
この女性ホルモンとの付き合い方で肌のケアの方法も変えていかなければなりません。

 

女性ホルモンのメカニズム

生理前のスキンケア

女性ホルモンの中でも特に影響力があるのが卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類です。この2つのホルモンの分泌量によって女性の身体は生理や排卵の時期がコントロールされています。

この2つは肌の水分量や代謝もコントロールしています。

 

女性ホルモンは40代くらいなると減りはじめ更年期障害として症状に現れはじめます。肌の状態の乱れだけでなく体調不良や精神的に不安定な状態を引き起こします。
この時期を経て卵巣の機能が完全に止まると体調が安定し、更年期障害からも解放されるという方が多いようです。このように女性にとって女性ホルモンは肌だけでなく体調、精神面にも大きな影響を与えています。

肌のお手入れに最適な時期とは?

肌の状態が良く安定している時期は「排卵1週間前」です。(生理が終わって1週間後くらい)
この時期は卵胞ホルモンが増加するときで、コラーゲンの生成を促したり肌の水分量が増えたり肌が生き生きとしている時期です。
トラブルが起こりにくいため、エステやマッサージだけでなく脱毛やカラーリングにも適しています。また、気持ちも前向きで明るく過ごせる時期でもあります。

 

肌が荒れやすい時期は?

反対に肌トラブルが起きやすい時期は、「生理の1週間前」です。この時期は黄体ホルモン(プロゲステロン)が増加するため、皮脂の分泌が増えたりニキビやシミができやすい状態になります。
むくみやすくダイエットにも向いてない時期で、PMS(月経前症候群)も出たりと女性にとって不安定になる時期です。
こういった時は、洗顔と保湿をしっかりするといった基本的でシンプルなケアをするようにしましょう。

 

あまりにもひどい場合は

PMS(月経前症候群)には個人差があり、肌トラブルだけでなく精神的に不安定になったりイライラがひどいという方は一度婦人科にかかってみても良いかもしれません。
ピル処方を勧められるケースもあります。