たるみ 原因

なぜ肌がたるんでしまうのか?

そもそも10代、20代の頃はパンパンに張っていた肌がなぜ30代、40代と年齢を重ねるとたるんでしまうのか?
そのメカニズムについて解説します。

肌がたるむ原因は3つ

たるみの原因となるものは大きく分けて3つです。

 

ひとつは真皮の繊維芽細胞の生成が低下し、コラーゲンやエラスチンといった肌のハリを支える成分の量が減少してしまうこと。
2つめは加齢によって肌の表皮と真皮に分かれた部分の結びつきが弱くなってしまうこと。真皮と表皮お結びつきが弱いと表皮がどんどん重力に負けて肌がたるんでしまうように見えます。
3つめは肌の筋力低下によりたるんでしまうこと。年齢を重ねるとどうしても顔の筋力は低下してしまいます。ほうれい線やゴルゴラインなどはこれが原因でできています。

 

その他の生活習慣などに起因するもの

乾燥

乾燥は肌の老化の大敵です。たるみだけでなくシワ、ほうれい線、乾燥毛穴などの原因にもなります。
美肌の基本は保湿と言われているように、乾燥は老け顔を加速させます。

 

紫外線

紫外線は肌を大きく傷つけます。シミの原因だけでなく毛穴を目立たせたり、もちろんたるみの原因にもなります。紫外線対策は夏や外に出るだけするという方が多いようですが、冬や室内にいるとき(特に窓際にいるとき)も紫外線を浴びていますので季節問わず対策するようにしましょう。

 

ダイエット

かなり太った人がダイエットをするとお腹の肉が伸びて戻らなくなっているのをテレビなどで見たことがあるでしょうか。あれと同じようにダイエットで顔が痩せると皮膚が戻らず老け顔になってしまうことがあります。

 

マッサージのやりすぎ

造顔マッサージや美顔器によるマッサージがたるみ対策には良いとわれていますが、やりすぎは禁物です。
マッサージをすると皮膚が伸びてしまうため、かえってたるみを悪化させてしまうことがあります。マッサージはほどほどにしましょう。

 

たるみの種類

たるみにもいくつか種類が存在します。

  1. 目元のたるみ
  2. ほうれい線
  3. ゴルゴライン
  4. マリネットライン
  5. フェイスライン
  6. たるみ毛穴
  7. 二重アゴ

 

それぞれ対策方法も変わってきますので、自分のたるみタイプに合ったケアをしていくことが大切です。