頬のたるみ 改善

たるみ改善のために私がした5つのこと

舌回し運動

”舌回し”って知ってますか?

 

舌を歯に沿ってぐるぐる回し、右回りに10回、左回りに10回やるというごく簡単なものです。

 

一時期かなり話題になっていたので、聞いたことはあるかと思います。

 

私はこれを家事の最中や車の運転を中など暇さえあれば頻繁にやっていました。

 

この舌回しはとにかく疲れます。
普段使ってない筋肉を使うためか1セットが限界です。

 

でもたるみっって加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少のせいもありますが、筋肉が衰えていることは確実に原因のひとつです。

 

本当はよく笑うことがたるみ改善には一番良いといわれていますが、接客業でもない限り1日に笑う時間なんて少ないですよね。

 

その笑ったときの代わりになるのがこの舌回し。

 

単純だけど効果が大きいので1日3セットを一週間でもいいので続けてみてください。

 

 

食生活を改善した

野菜

32歳で出産した後、突如便秘がひどくなったことをキッカケに食生活を根本から見直したことがありました。

この食事を変えてから2ヶ月後、肌の調子がずっと良いんです。

 

肌がザラザラしなくなり、オイリー肌だったのに皮脂も過剰に分泌されることはなくなりました。

 

もちろん便通も良くなったし、さらに3キロも痩せたんです。

 

私がしたのは「腸内環境を整える」ということを目標にした食生活でした。

 

腸内環境を整える(善玉菌を増やす)食生活
  • 乳酸菌を毎日飲む、食べる(私が飲んでいたのはR-1やビフィズス菌のヨーグルト)
  • 朝は生野菜と果物のみ
  • 肉よりも魚を中心に摂る(特に青魚)
  • 発酵食品を食べる(キムチや納豆)
  • お菓子やジャンクフードは一切食べない

最近流行りの”美腸”、”菌活”ってやつですね。

 

この時の食生活改善はかなり徹底したものでしたので、最初は本当きつかったです。でもここまで徹底したから効果も早く出たんだと思います。
あまり根詰めてやると今度はストレスがあるし人によっては急に食事を変えると下痢したり疲れやすくなったりするかもしれないので、心がける程度の改善からはじめてみるのをおすすめします。

睡眠時間~早寝早起きは影響大~

睡眠は美肌づくりには本ッッ当大切なものです!

 

上の食生活の改善を始めたころ10時に寝て5時に起きるみたいな生活をしてました。

 

まず、肌がトラブル知らずです。

 

目の下のクマやくすみが薄くなってきたのも大きいんですが、化粧ノリはいいし血色もいいのか「ファンデーション変えた?」と聞かれることもありました。

 

さすがに22時に寝るのはキツイと思いますが、私の経験上12時までには最低でも寝ることをおすすめします。

 

これがたった1時間ずれて1時に寝ると翌日の調子が全然違いますから。

 

お肌のゴールデンタイムは存在すると思います。

化粧品を正しく使うこと

いくら良いリフトアップ化粧品を使っても他の化粧品が邪魔することがあります。

 

特に力を入れていない人が多いクレンジング!

 

例えば粉のファンデーションなのに洗浄力の強いクレンジングを使うとかえって肌を傷つけます。
クレンジングには少なからず、油分と水分を剥離させるための”合成界面活性剤”というものが使われています。

 

この”界面活性剤”はオイルクレンジングやリキッドクレンジングなど洗浄力の高いクレンジングほど多く含まれていて、きちんとメイクを落とす役割をします。
しかしこの成分、化学成分であるため肌のたるみの原因となるとも言われているのです。

 

また、オイルクレンジングで肌がつっぱるという人も肌に必要な皮脂まで落としている可能性があります。
皮脂を落としすぎてしまうと、乾燥や肌がもっと皮脂が必要なんだと思うことによるインナードライ肌になる可能性もあります。

 

そうなると乾燥によりしわやたるみが引き起こされてしまうことになるのだそう。

 

ただ、たるみケアのための化粧品を模索するだけでなく、今使っている化粧品もこの機会に見直してみることをおすすめします。

造顔マッサージはやらないこと

たるみケアに効果が高いと一時期流行った”造顔マッサージ”ですが、自己流でやるとかえって皮膚を伸ばしてしまいたるみを悪化させる原因となります。
自分でやると案外力が入りすぎていたり、余計なことをしていたりということがあるもんです。

 

マッサージのプロであるエステティシャンに一度教わる意味も込めてエステに行ってみるのも良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

これらが私が化粧品だけでなく一緒に意識してやってほしい5つのことです。

 

確かにこちらで紹介したリフトアップ化粧品もおすすめなのですが、こういった身体の内部に考えられるたるみの原因をひとつずつ直していくことも大切です。

 

心がけ程度でも良いので、一度試してみてくださいね。